タダシップ通販で失敗しない!個人輸入ルールと安全サイトの見極めポイント

海外通販はここに気を付けて海外通販で失敗したくない。
普段利用しないサイトはただでさえ怖い。
医薬品は身体に作用するものだからこそ不安が大きいですよね。

でも大丈夫。

個人輸入を利用する上で守るルールと、良心的なサイトの選び方について知れば失敗なくお目当てのタダシップがゲットできます。

適当なサイト選びは危険です!
海外通販を安全に利用するポイントをまとめました。

これを守れば大丈夫。個人輸入の3つのルール

個人輸入のルール
医薬品の個人輸入は厚生労働省からも認められています。

海外通販を利用する際は、この3つのルールを守りましょう。

個人輸入の3つのルール
・個人で使う用途で輸入
・譲渡、販売をしない
・輸入量は用法、用量からみて1ヶ月分を守る

個人輸入は「個人で使うことを目的とする」という前提で許可されています。
販売目的での輸入は禁じられています。

また購入した医薬品を知人に譲るのも厳禁。
もしその人が薬を飲んで危険な状態になったとしたら・・・。

責任をとるのはあなた。
自分に合う薬が他の人に合うとは限りませんので絶対にやめましょう。

輸入量は用法用量からみて1ヶ月分となっているため、まとめ買いには注意しましょう。

注意!
処方せんなしで購入した医薬品の服用は、全て自己責任。
「医薬品副作用被害救済制度」の給付金も受けられません。
万が一健康被害が起こった場合、どこにも責任を問うことができません。

タダシップを通販でゲット!良心的なサイトを選ぶポイント

タダシップは安全なサイトで購入しよう
「偽物が届いた」「入金したのに商品が届かない!」といった
トラブルにあわないために、良心的なサイトを選ぶことが大切。
このサイト大丈夫かな?と不安がある方は以下のチェックポイントを確認してみましょう。

・特定商取引法の開示
・運営歴の長さ、口コミをチェック
・価格は適正であるか
・クレジットカードは使用可能か?
・電話対応窓口が設置されているか?
・セキュリティ状態が良好であるか
・第三者機関による商品鑑定書があるか

特定商取引法を開示しているか

特定商取引法を開示しているサイトは安全度が高く安心です。
特商法とは、事業者による違法、悪質な勧誘行為を防ぎ、消費者の利益を守るための法律です。
サイト内に「特定商取引」「特商法」というページがあるか確認してみましょう。
特商法を開示していないサイトはトラブルがあった際にクーリングオフに応じない可能性が高く危険です。

運営歴の長さ

運営歴の長さは、安定して運営ができているという信頼の指標となるので要チェック。
運営歴が明らかに短いサイトは信用性が低く詐欺の可能性があります。
またサイト内の口コミを見れば、製品のクオリティや効果があるか把握できます。

価格は適正であるか

購入する前にいくつかのサイトと価格を比較してみましょう。
価格が相場よりあきらかに低い場合、偽造薬、衛生面に問題がある可能性入金詐欺の恐れがあります。
高額すぎる場合は、ぼったくりの危険性ありのため注意。

クレジットカードは使用可能か?

クレジット決済の導入には、通販業者に対し審査が必要です。
カード払いに対応しているサイトは審査を通過しているため信用度が高いでしょう。

電話対応窓口が設置されているか?

購入前に電話窓口があるか確認しましょう。
悪質なサイトの場合、入金後に一切連絡が取れなくなる可能性があり危険。
ネットで医薬品を購入するのは不安要素が多いため、電話対応が丁寧なサイトは良心的といえます。

セキュリティ状態が良好であるか

ホームページのURLでhttpsと「s」がついているサイトは通信内容が暗号化されており、個人情報が漏れない仕組みになっています。

安全性が不十分なサイトは、個人情報が抜き取られるといったリスクがあるため使用を控えるのが良いでしょう。

第三者機関による商品鑑定書があるか

医薬品が本物か、偽物か判別をするのはとても困難です。
第三者機関による鑑定書は、正規品の証明。
鑑定書を開示しているサイトは信頼性が高いです。